The Teacher`s Room

The Teachers’ Room

Exploring the Art of Teaching & Enhancing Classroom Practice

  • Meet like-minded teachers from around the globe
  • Ask meaningful questions about learning and teaching
  • Share classroom ideas, experiences, and research
  • Help one another grow professionally and personally

The Teachers' Room | iTDi

Since 2012, iTDi has been building a reputation for quality courses and a caring community for teachers and teaching. So far, over 1000 teachers have joined our iTDi Global Webinars, Advanced Skills Online Courses, and Teacher Development online lessons.

2018 brings you The Teachers’ Room, a collaborative online space to explore the art of teaching and enhance your classroom practice.

Free in February! TRY FOR ONE-MONTH FREE

$30 for 3 months PLUS February FREE or $110 for 12 months PLUS February FREE

 

Hosted and facilitated by iTDi Faculty, Steven Herder and Philip Shigeo Brown

Steven Herder“Being able to talk with like-minded colleagues, experienced mentors, and energetic new teachers anywhere in the world is the new professional development paradigm.”
Steven Herder
Philip Shigeo Brown“Whenever you get together with a good group of teachers, learning something new is both enjoyable and inevitable.”
Philip Shigeo Brown
Advertisements
Posted in Conferences, Teaching | Tagged , , , , | Leave a comment

ETJ LANGUAGE TEACHING EXPO

If you believe like I do, that to go to a teaching conference you should not have to take out a new mortgage on your house, then ETJ`s Expos are for you!

 

The Tokyo ETJ English language Teaching Expo

Saturday/Sunday February 10/11 (9:00-6:00 each day)
Kanda Institute of Foreign Languages, Tokyo (near Kanda station)

• Over 100 presentations for all types of teaching situations

• Displays of teaching materials by international publishers and individual teachers.

Presentation Schedule Now Available
Saturday Schedule
http://ltprofessionals.com/wp-content/uploads/2018/01/Tokyo-Saturday.pdf

Sunday Schedule
http://ltprofessionals.com/wp-content/uploads/2018/02/Tokyo-Sunday1.pdf

Information
Information such as the presentation schedule, a map with directions . . .
http://ltprofessionals.com/etj/2017expos

Register
http://ltprofessionals.com/etj/registration

The Expo is for ALL teachers
There are presentations and displays of materials for college teachers, high school teachers, elementary school teachers, kindergarten teachers… In fact, the aim is to provide top-class presentations and material displays for every kind of teacher.

You can attend all day or for part of the day
There are independent presentations arranged in time slots throughout the day. This means you can drop into the Expo for part of the day if you are busy.

Fee for attending the Expo
Each day
ETJ members: 500 yen
Non-members: 1,000 yen

Join ETJ
(no fee)
http://ltprofessionals.com/etjform

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••
To unsubscribe from ETJ / Language Teaching Professionals newsletters,
please just reply with ‘unsubscribe’ as the subject.

__________________________________________
Websites
Language Teaching Professionals: LTProfessionals.com
Language Teaching Network: LTPnetwork.com
English Teachers in Japan (ETJ): LTProfessionals.com/ETJ
ETJ Book Service: etjbookservice.com

Social Media
Facebook page: Language Teaching Professionals
Facebook group: ETJ Book Service
Twitter: Language Teaching Professionals
Linkedin group: Language Teaching Professionals
Linkedin group: English Teachers in Japan

Posted in Conferences, Uncategorized | Tagged , , , , | Leave a comment

The Japan Apologists

There is a group of non-Japanese (foreigners) who look at Japan as this untouchable country.  Japan is perfect.  Or at least, Japan should not be commented upon negatively by non-Japanese, as we are guests here.

Baye McNeil, Tsurunen Marutei, and Dave Aldwinkle are heroes to me.  Even if I don`t always agree with them.  I have great respect for what they have done in Japan.

I have lived here for 28 years.  I`m an immigrant.  If there is injustice in Canada, I will speak out about it or write about it, and I do.   I do the same in Japan.  But these immigrants to Japan, do not like this when other immigrants do this.   They feel we are guests.  Guests should respect the host, even if the host, has spilt his drink, and is embarrassing himself in front of his guests, and acting badly.  I disagree.     Read More

 

beauty-1692849_640

Posted in Living | Tagged , , , , | Leave a comment

ビデオゲーム(テレビゲーム)は創造性と関係がある

Video Games and TV Games ビデオゲーム(テレビゲーム)は創造性と関係がある
by Kevin R Burns

南足柄子供英会話 ビデオゲーム(テレビゲーム)は創造性と関係がある

 

神奈川県南足柄市にあるケビンズイングリッシュスクールでは、授業で時々ゲームを使用します。ゲームの中にはコンピューターゲームもあり、授業で使用することで学習の強化になります。ボードゲームやカードゲームもまた、英語学習を強化できます。 私たちが時々授業でゲームを使用することに不満があるというご両親も、たまにいらっしゃいます。私も、私の子供たちがあまりにも多くコンピューターやゲームをしていたら心配になります。ですが、恐らく私たち親は間違っているのです。

ミシガン州立大学での研究: ミシガン州立大学による新しい調査によると、ビデオゲーム(テレビゲーム)が暴力的か非暴力的かどうかにかかわらず、ビデオゲームをする男の子、女の子のほうがより創造的な傾向があるそうです。 ゲームがどれくらい暴力的なのか、もしくはゲームのジャンルが何なのかにかかわらず、ビデオゲームと創造性には相関性があることがミシガン州立大学の研究で分かったのです。

500人近くの12歳児に関する研究では、ビデオゲームをした子供のほうが 絵を描いたりストーリーを書くような作業においてより創造的であることが分かっています。

創造性は、日本が今、そして未来において必要としているものです。創造性は国が今、そしてさらに今後50年に渡って直面する問題に取り組むために、国が頼るものなのです。

ミシガン州立大学の研究では、下記において有益な効果がないことも分かっています。 携帯電話の使用 インターネットとコンピューター(ビデオゲーム以外) ゲームデザイナーが学生にとってよりよい教育的なゲームを作るうえで、これらの調査結果を利用することもあるでしょう。彼らは、未来のゲームにおいて創造性を強化することの効力をより多く利用できるのです。

この研究における主任研究者であるリンダジャクソンは、デザイナーが彼女や他の人たちが考え出した研究を使用するのであれば、教育ゲーム設計の未来は明るいと感じています。

「1度そうすれば、ビデオゲームの新世代が教育と娯楽の区別をあいまいにするような娯楽価値を維持しながら、ビデオゲームが創造性の発展を最適化するよう、デザインすることができるでしょう」

ですからHiroko、もしくはTaiga playをプレーさせてみてください。ですが、あまり多く遊ばせないようにしてください。 しかし、彼らがこれを行うことによって創造性が強化されます。日本の将来にとって、これはよい前兆でしょう。

Posted in Education, Teaching Children | Tagged , , , , | Leave a comment

ESLの本:子供に教えるための教科書

ESLの本:子供に教えるための教科書
by Kevin R Burns

 

The Finding Out Series & The English Land Series

 

子供に教えるためのESL本、補助教材を2つ見つけました。David Paul著の「Finding Out」シリーズと Mari Nakamura& M.H. Newton(Longman Asia ELT)著の「English Land」シリーズです。 両シリーズは日本で広く試されていて、著者が日本の生徒のことをよく理解しているのが分かります。 Mari Nakamuraは、日本中で教師を教育する会議を行っています。彼女は活動的で、教育の記事を書いたり、 教師を教育したり、若い学習者の指導も行っています。また、金沢でEnglish Squareというスクールを運営しています。 さらに彼女はETJ Ishikawa グループのコーディネーターで、アストン大学で研究を行っています。

 

 

TEYL(若い学習者に英語を教えること)に関する研究も広く行っています。 「English Land」はとてもカラフルな様式で、本を通してディズニーキャラクターが組み込まれています。 日本の生徒が知っていて、愛されているキャラクターを使うことによって、子供たちに英語を学習するための 刺激を与えるのです。これらの本は、よりリアルな英語で構成されているので子供たちにも楽しんでもらえます。 David Paul著のThe Finding Outシリーズは、子供に読み方を教えるためにおすすめしたい本です。1度Finding Out 1を 習得した子供は、教科書や子供向けの簡単な童話まで、とてもたくさんの本を読めるようになります。 David Paulたちは、このシリーズにおいてたくさんの仕事を行っています。インターネット上には、皆が使えるように 公式と非公式の教材があるのです。

 

 

David Lisgoは、このシリーズの補助教材として作られた1つです。ケビンズイングリッシュスクールでは、6歳から11歳の生徒が 英語を始めるときに「Finding Out 1」を使います。Finding Out 1が終わると、生徒はたいてい読めるようになっています。 David Paulは、すばらしい仕事をしました。子供の心に入り込む教科書のシリーズを作り、楽しい方法でフォニックスを 教えるようにしたのです。Finding Out 1でフォニックスを習得した生徒は、次のシリーズのFinding Out 2、もしくは English Land 1、2に進みます。両シリーズにはカードが付属しています。Finding Outは小さいカードですがとてもカラフルです。

 

 

一方English Landのカードは大きめで、小さなポスターのようです。日本で子供を教えるのなら、両方の教科書のシリーズと カードシリーズを購入することをおすすめします。副教材に関しては、Finding Outならソフトウェアがあります。 ご存知でしょうが、このシリーズを使う第3者(教師)によって開発されたカードや教材を見つけることも出来ます。 無料のものと、有料のものがあります。David Paulは日本中で講義や講習会を行うなど、最善の支援をしてくれています。 ETJのオーナーやESL本、ETJ Activities at Yahoo Groupsを含め、いくつものフォーラムで積極的に活動しています。

 

 

English Landに関しては、インターネットで利用可能な教材があります。ですが、私はそれらを今のところ見つけることが できていません。これは新しいシリーズなので、第3者が教材を利用できるまでに時間がかかるでしょう。 日本の子供に教えるためにも、あなたがこの2つのシリーズを見つけられるだろうと確信しています。 これらのESLの本は、高く推奨されています!

Posted in Books, Education, Yoga | Tagged , , , , , | Leave a comment

7 Reasons Why Japanese Cannot Speak English after 4-6 Years of Study by Kevin Burns

7 Reasons Why Japanese Cannot Speak English after 4-6 Years of Study

img_2714-5
by Kevin Burns
(Machida, Japan)

保存

英語を話せるようになるためには、「勉強」ではなくて、英語を「話す練習」が必要なんだ。多くの日本人は、たくさんの英文法や英単語を記憶する「勉強」はしているけど、英語はあまり話せないよね。話すどころか、英語を聞いて内容を理解することすらままならない。それはなぜか?英語を「話す練習」が不足しているからなんだ。

Read More

Kevin Burns(ケビン・バーンズ)プロフィール
カナダ、バンクーバー出身。ブリティッシュ・コロンビア大学卒業。現在、東海大学講師。1989年に来日し、英語学校で日本人に英会話を教え始める。その後、英会話スクールKevin’s English Schoolを設立。学生、主婦、社会人など幅広い層に向けて、工夫を凝らしたユニークな指導を行う。「学習者は楽しんでいる時、最大の学習効果を得る」ことを念頭に、常に楽しめる授業を行うことをポリシーとしている。

町田英会話

南足柄市英会話

Posted in Education | Tagged , , , , | 4 Comments

What goes into making a good app for students studying English?

What goes into making a good app for students studying English?

 

 

An Interview of Bob Coffee of Shortsnap Learning

 

App design is a science and an art. We design user experiences. Part of that experience is learning English. So, we need to strike a balance between highly engaging and highly educational, and some people may not think those two go together. If we seek to make a fun and entertaining experience and then add educational content into that afterwards it feels forced and learning suffers. However, if you do the opposite, and focus on educational content and gamify the app later, then the app feels boring. We have to constantly integrate the educational learning experience with a highly engaging user experience. This is an art but there is a science behind it.

 

 

Many educational apps suffer from slow pacing, and low density feedback experiences. When we design our apps, we strive for fast pace, highly engaging, high-density feedback experiences while balancing learning. To give just one example of a poorly designed educational app. I saw one app that asked the player to read a passage and then answer questions on it. Where do I start? First, why go to all the trouble to make an app if you are just going to plop a textbook onto a digital device without adding something new and original? Also, the pacing and user experience was slow, it didn’t take advantage of the unique functionality of the UI, and the feedback density was low.

 

 

What else can you say about designing a good app?

 

 

There is a term in instructional design circles called chocolate covered broccoli. The fun part of the app is the chocolate and the learning is the broccoli. People are smart and you can’t create a learning app and then layer game mechanics onto it. Users will just lick the chocolate off the broccoli and throw the broccoli away, which means no learning takes place. What that means is that as instructional app designers we need to integrate or inject the chocolate into the broccoli so that the game play: the chocolate; and the learning: the broccoli, are inseparable.

 

 

The how of that is the art of app design. It is a creative process that is hard to put into words. But there are paradigms and systems of design; for instance you have to remember that learning is itself very rewarding. We just forget that because we may have created negative associations with school, being forced to memorize stuff that we have no interest in. However, real learning is always fun and exciting. And learning is an active process. And that is what mobile devices and apps allow us to tap into. At ShortSnap Learning we strive to marry learning and fun. We have a saying at our design studio; “If the player is not having fun then they’re not learning.” And our tag line is “Because learning should be fun”. We believe strongly in both.

 

About Bob Coffee of Shortsnap Learning

 

Bob Coffee owns Shortsnap Learning, a company on the forefront of making great apps for students learning English.

 

Visit Shortsnap Learning

Posted in Education | Tagged , , , , | Leave a comment